東方鍼灸院について

47年目をむかえた北海道帯広市の鍼を刺さない鍼灸院

子供から高齢者まで幅広い年齢層に対応

1976年の開院以降、東方鍼灸院は、いつも日進月歩で治療法は日々変化していきました。鍼灸治療というものは毎日が新たな発見の連続です。長い間の経験と、数多くの意欲あるスタッフが積み重ねてきた実績で、より確実な方法が生み出され、以前とはまるで違った方法で効果が上がるようになりました。現在は鍼を刺さずに、漢方薬の種子をツボに貼るだけで経脈(けいみゃく)の流れがよくなり血行が改善し、代謝が良くなって、症状がよくなる、痛みのない、熱くない、気持ちのよい快適な治療を行なっています。

適応症は多岐に渡ります。どのような症状でも先ずはご相談下さい
適応疾患 | 東方鍼灸院のホームページ (toho-acu.com)

治療法の説明をしています

自宅治療法(セルフケア)を必要に応じてアドバイスします
病状によっては毎日治療を続けなければならないこともありますが、ご都合により通院できない場合は、ご自宅でのセルフケア療法として温灸、ルレット(ローラー鍼)、梅花鍼、ツボマッサージ、目の体操などを提案いたします

眼科領域の鍼灸治療について
当院は特に眼科疾患の鍼灸治療について、研究内容・臨床数、共に国内外において最高でありたいと願い、努力しています
眼科疾患 | 東方鍼灸院のホームページ (toho-acu.com)

研修制度を設けています
鍼灸医学を研鑽したいと希望する熱心な学生、医療関係者、鍼灸師のための研修の場を提供しています
陰陽太極鍼研修について | 東方鍼灸院のホームページ (toho-acu.com)

 沿革

1976年 東方鍼灸院開設(旧東方鍼灸センター)(東京都板橋区)

1981年 北海道帯広市移転

1996年 論文「弁証論治の応用による眼科治療の標準化作業」発表 WFAS(世界鍼灸学会)/ニューヨーク

1997年 論文「応用兪穴・募穴治療膝関節疾病」発表 WFAS/北京  

1998年 論文「陰陽太極鍼法」発表 WFAS/バルセロナ 最優秀賞を受賞

1999年 論文「「胃兪」穴と坐骨神経痛について」発表 WFAS/ハノイ

2000年 論文「繆刺法、巨刺法と陰陽太極鍼法(陰陽交差取穴法)」発表 WFAS/ソウル

2007年 論文「十二経脈の環の流注を改善する触診重視の鍼灸治療」発表 WFAS/北京

2011年 DVD「陰陽太極鍼」発行(ヒューマンワールド社)

2022年「陰陽太極鍼テキスト」出版(医道の日本社)